ナイショ

お年寄りから子供まで、家族連れからカップルまで、
誰にでも気軽に来てもらえること。
それが、せいたろうの目指すお店です。

お金をかければ、いくらでも美味しいモノは作れます。
誰にでもお求めやすい価格にして、できる限りの努力をすること。
それが、せいたろうの目指すお店です。


そんなせいたろうのこだわりを、ちょっとだけ、
ないしょでお話ししたいと思います。


今月のナイショ話

 今回のテーマは「雛祭りにお蕎麦を供える」です。

 3月3日の桃の節句、もしくはその翌日、雛壇に供える節句そばというの があります。

 この風習がいつ頃から始まったのか定かではないようですが、江戸時代の 中頃には民間でかなり広まっていたそうです。

 江戸では、4日の雛納めの日に、そばを供えてから雛飾りを元の箱にしま ったそうです。
 3日ではなく4日にそばを供えるのには、清めの蕎麦を供えて来年までの お別れを告げるため、あるいは、お雛様のお引っ越しだから、などの説があ るそうです。

 昔はふつうのお蕎麦が主流だったそうですが、だんだんと、菱餅の色に合 わせて白、赤、緑の「3色そば」や、更に黒と黄を加えた「5色そば」が好 まれるようになってきました。
5つの色はそれぞれ、白は「更科そば」、赤は「海老切り」、緑は「茶そ ば」、黒は「ごま切り」、黄は「卵切り」というのが一般的のようです。

 地方によっては、3日の夜からお供えするところもあれば、おそばではな くおうどんで「雛うどん」を供えるところもあるそうです。

 みなさんも、ぜひお蕎麦をお供えしてみてください。




過去のナイショ話

 2002年1月 せいたろうは、ゆでたて・揚げたてです。
 2002年2月 食前酒ならぬ食前つまみです。
 2002年3月 そば湯もおいしいです。
 2002年4月 小鉢をおつけしています。
 2002年5月 いろいろな薬味があります。
 2002年6月 おそばについて(麺編)
 2002年7月 おそばについて(蕎麦つゆ編)
 2002年8月 おそばについて(茹で方編)
 2002年9月 おそばについて(食べ方編)
 2002年10月 本物のおそばについて
 2002年11月 「通販のポリシー」について
 2002年12月 正しく年越しそばを食べよう
 2003年1月 おそばとそば粉をお料理に使ってみよう



TOP     HOME


参考閲覧数